2013年8月から中米のベリーズ在住。ベリーズ・シティを中心に、中米生活&レストランを紹介。


by samya3

スコーンを焼く*失敗編(笑)

ベリーズで初めてスコーンを焼いてみました。

私って、中高生の頃からイギリスにすっごく憧れていたんですよね~。

高校生の時に『non・no』という雑誌が「イギリス紅茶物語」という特集を組んでて、それを買って何度も読んでたなぁ~。

そこに載っていたスコーンのレシピで何度スコーンを焼いたか。
つまり、得意なお菓子だったのです。

こちらでネットサーフィンをしていて、スコーンの写真を見て、どーしても食べたくなって焼いてみました。
スタバとかで売っている三角形のじゃなくて、円柱形で「ムガーッ」と膨らんでいる正統派のスコーンが食べたかったのです!

もちろん、レシピは高校時代から焼いている分量。
バターは、奮発してニュージーランド産の物を使いました。小麦粉は妥協してベリーズ産(-_-;)。

しかーし、生地がすごくベタベタになってしまった。。。なぜ?
打ち粉をしてもとても捏ねられないほどベタベタ。。。

捨てるのも勿体無いので、そのまま天板にぽたぽたと落として焼きました。。。
c0322902_10080637.jpg
結果は、やっぱりこんな感じ。甘食(^_^;)?

敗因は何なのだろう?小麦粉の水分でしょうか?

クロテッド・クリームなんてないので、ジャムで食べました。
c0322902_10093647.jpg
スーパーでスイス産の美味しそうなジャムがあったので、買っちゃいました♪

ま、それなりに美味しかったです。


しかし、最近では日本でも普通にクロテッド・クリームが買えるみたいですね~。ホテルとかのアフタヌーンティーでもちゃんとクロテッド・クリームが添えられてるみたいだし。

夢にまで見たロンドンに1週間ほど行けた時(1990年代)、驚いたことにクロテッド・クリームなんてハロッズにしか売ってなかったのです!普通のスーパーでは見つけられなかった。
カフェとか田舎のB&Bみたいなところでスコーンを頼んでも生クリームだったんですよ~。

なので、ハロッズでクロテッド・クリームを買って、そのへんのスーパーやベーカリーでスコーンを買ってキッチン付きのアパート形式のホテルで朝食&3時のおやつに毎日食べてました。もちろんクロテッド・クリームをたっぷり載せて。(意外にあっさりした口当たりなの)

そしたら体重が1週間で3キロ増えてしまった。。。。Σ(゚д゚lll)。

[PR]
by samya3 | 2014-11-07 00:00 | お家ごはん