2013年8月から中米のベリーズ在住。ベリーズ・シティを中心に、中米生活&レストランを紹介。


by samya3

手術無事(?)終わりました。。。

昨日の記事の後いきなりですが、手術終わりました。。。

どこから書くべきなのか。。。あんまり専門的な事を書いてもねぇ。。。(一応元泌尿器科看護師)

日本では治療技術が発展して今や日帰り手術は当たり前、しかもショックウェーブだと麻酔無しで30分くらいで済んじゃうらしいですけど、ここは途上国、やっぱりそういうわけにはいかなかった。。。

担当医師はショックウェーブが出来ない理由を説明してくれたけど、たぶんこの国には機械自体ないんじゃないかな(^_^;)。期待してないので訊きもしなかった。

というわけで、腰椎麻酔でTULになりました。開腹手術じゃないだけマシ(^_^;)。
全身麻酔も心配だけど腰椎麻酔も心配だった(その場で変更されたっぽい)。
ま、尿管を突き破ることもなく(多分?)、何とか無事に終わりました。

夕方には帰宅できると言われてましたが、なかなか麻酔が醒めず足が思うように動かないので結局1泊。個室だったので私もソファーで泊まりました。

色々突っ込みどころはありましたが、ナースのみなさんたちはフレンドリーで良かったです。
個室だったんだけど、なんと、病室にナースコールが無いんですよ~!やっぱり私が泊まって良かった。。。言ったら電話の子機をかしてくれましたけど。呼ぶとすぐに来てくれたのも良かったです(^^)。

尿管が2ヶ所狭窄してたのでステントカテーテルを2ヶ月(!)留置しないといけないそうです。(本来は1週間程度)
手術の翌日のお昼前に退院したのですが、毎回排尿時にこのステントが刺激して結局相変わらずベッド上で痛みにうずくまっています。。。(鎮痛剤は飲んでるんですが。。。)

徐々に回復すればいいんですけど。。。
なんか、皆さんにいろいろご迷惑をかけて申し訳ないですm(__)m。

[PR]
by samya3 | 2016-04-08 00:00 | 生活情報