2013年8月から中米のベリーズ在住。ベリーズ・シティを中心に、中米生活&レストランを紹介。


by samya3

カッラルー(Callaloo)料理してみた

プンタ・ゴルダに住んでいる日本人から「カッラルーという美味しい野菜があるんですよ~。でもプンダ・ゴルダでしか見ないんですよ~。」って聞いたんです。

それからずっと気になっていました。

先週の土曜日にマーケットに行って野菜を物色していたら、子連れのお父さんが来て「そのカッラルーを1束くれ。」って言うんです!

『あ、これがあのカッラルーなのね~!』
ずっと何の野菜なんだろう?どうやって調理するのかなぁ?って思ってたんですよ。

思わずそのおじさんに「これ、どうやって料理するの??」って訊いたら、「オレはただ蒸すだけだ。」って。
ってことは、アクは少ないのね。

これがそのカッラルー。
c0322902_10255889.jpg
緑がすっごく濃いんです!

ググってみたら、日本語でのレシピもあった!ジャマイカ旅行したときに覚えたって。
やっぱり中米の野菜なのね。

いろいろ見てみると、アフリカで良く食べてたかぼちゃの葉っぱと同じような調理法っぽい。
もともとは西アフリカからだって。

ニンニクで油に香りを付けて、調味料は玉ねぎとトマトのみじん切り(アフリカでは玉ねぎ&トマトは調味料なのです)。茎と葉は硬さが違うので時間差で料理したらいいらしい。
c0322902_10263657.jpg
ってことで、茎と葉は別々に粗みじん切り。

ニンニクで油(ココナッツオイルがいいみたい)に香りをつけ、玉ねぎとトマトを炒め、まず茎と水100㏄を入れて5分ほど加熱。
その後葉っぱを入れました。味出しにツナを油を切って入れました。
c0322902_10270018.jpg
さらに水を100㏄程追加して5分ほど加熱。味付けは塩のみ。(ホントはオールスパイスとか入れた方がいいらしいけど無いので。。。)
c0322902_10273333.jpg
取りあえずこんな感じ~。
4時半くらいに作ったので、そのまま鍋に入れて置きました。電気クッカーなので、オフにしてもしばらく加熱されます。

夕食時に温めなおしました。
c0322902_10274523.jpg
おお~、まるでマラウィで良く食べていたかぼちゃの葉の煮物じゃないですか~(^O^)/。それより柔らかい。
結構好きだったんですよね~。ンシマ食べた~い!

結局10分くらい加熱されたせいか、色は変わっちゃったけど茎まですごく柔らかくなってた!
太い茎は枝みたいにすごく太かったので今回は使わなかったけど、次回はそれも使ってみようかな。



にほんブログ村
[PR]
by samya3 | 2016-06-20 00:00 | お家ごはん